の目 の目


ここは、JOJOさんと雅世の詩のコラボレーションの世界

上の詩はJOJOさん 下の散文は雅世 の創作です




「抱きしめてあげたい〜音速の翼で〜」


温めてあげたい

心が凍っていたから・・・


拭ってあげたい

愛が濡れていたから・・・


抱きしめてあげたい

魂が震えていたから・・・


どんよりとした憂鬱の不意をついて

殺人の翼が爆音を撒き散らしながら


梅雨の静寂をつんざいてゆく


あの音速で今すぐ飛んでいきたいところが

僕にはあるというのに・・・










「距離が憎い」


爪が白くなる

血の失せた握りこぶし

自分にいいきかせる

たったひとつの言葉


私は

私は

そんなに弱くないわ

私は

私は

強くなれるのよ


光の速さで

あなたに会いに行きたい

長い距離が憎い

会えない時が憎い


私は

私は

そんなに弱くないわ

私は

私は


それでも

あなたに会いたい






もどる