天使のはばたき
地雷をこの世界から無くしたい。一人でもたくさんの子供の命や、未来を守りたい。そんな気持ちが芽生えて、自分に何ができるだろうかと考えたとき、自分の力の無さに悲しくうなだれてしまうことがあります。
でも、行動を起こさなければ何も始まりません。

このページでは、何か行動を起こして活動している方やその方のページを掲載していきます。

あなたも、参加してみてください。そして、貴方も、何か行動してみてください


地雷ゼロ宮崎
宮崎県の高校生が中心になって発足した団体が、HPを作りました。また、下にもご紹介していますように、署名運動も行っています。 
LANDMINE come to ZERO Miyazaki(地雷ゼロ宮崎 MLC ZERO)
宮崎県の高校生が中心になって発足した団体が、アメリカのオタワ条約調印を目指して署名を集めています。2002年8月にブッシュ大統領へ署名を渡す予定で頑張っています。 
LPC(LovePeaceCambodia)
カンボジアの地雷をなくそうと、絵葉書を作り、その収益金を地雷除去関連の団体に募金しておられます。2002年4月には『¥9750円』募金なさっています。
この星の上
友人であるにのみやさをりさんが、「誰でもくちずさめる歌を」というコンセプトで、「この星の上」という歌を作詞作曲してくれました。データはmp3です。どうぞ、クリックして一緒に歌ってみてください。
@dove
デザインを勉強している新田さんが、 卒業制作に地雷の廃絶を訴えるHPを作りました。
pocchi pocchi
pocchiさんの趣味は金工でのジュエリー作りです。ジュエリージュエリーで紹介しているジュエリーの売上金の一部を、カンボジアの地雷に苦しむ人に役立てるように募金しておられます。
さつき盆栽ホームページ
写真展で地雷の悲惨さを知り、『地雷ではなく花をください』を読んだ長瀬さんが、皐月の苗を売ることで、少しでも地雷撲滅のために役立とうと行動しています。
榊原花火
同じ火薬を使い、夜空に一瞬の美しい絵を描く花火。そんな花火の問屋さんが『おもちゃ花火によるダイアナ基金・地雷撤去支援キャンペーン』を行っています。
キャンペーンは、4軒のメーカーで生産している5点の商品[打上てゴザル、空からサンタが降りてくる、打上とんぼ、ロケットパラシュート、低空打上地雷、昇竜クラッカー]の収益の一部を、地雷撤去・地雷被害児支援資金に活用するという内容です。
平和を考える集い
ガールスカウトの中学生のみなさんが中心になり、「平和を考える集い」サブテーマ〜地雷について〜という集会を行いました。その模様が報告されているサイトです。
講演会や、地雷の体験など、これから展示会などを開こうと思っておられる方の参考にもなると思います。
らしょどうる・夢の会
「自分達が住む社会を楽しく生きがいのあるところにするための話し合いや活動をする」ことを目的としている夢の会が、コンサートを開きました。そのコンサートで集まった善意のお金を、全て地雷除去のために、「難民を助ける会」に寄付してくださいました。
このような小さな行動が、地雷の無い未来の地球へ繋がると思います。
童謡の会
夢の会が企画、開催したコンサートの模様を、コンサートに出かけられた方が暖かい目でリポートしておられます。その様子は、ここに掲載されています。
また、Unicefについてのリンクもあります。どうぞ、ご覧になってください。
COL THE KIDS
「COL The Kidsア地雷キャンペーン」で、当時小学校5年生の子供たちが、地雷廃絶を訴えてくれました。
紙芝居や雑誌を作り、名古屋で開かれた地雷関係のセミナーにも、参加したそうです。
クラスメイトの柴田知佐さんが、地雷廃絶キャンペーンのポスターコンクールで特選をとり、小渕首相に、「ちょっとでも早く地雷がなくなってほしい」との願いを伝えたそうです。
今は中学生になり、こんなに成長しながらネットで地雷廃絶を訴えつづけています。
子供でも、こんなにできるんだということを、私たち大人に教えてくれるサイトです。 
Fujimura屋
藤村さんご夫妻は一人が文章をもう一人が絵を担当して絵本を作っています。
長野オリンピックで聖火ランナーを務めたクリス・ムーンさんを見て創作絵本、『花』を創作。
それは輝かしい賞もいくつも受賞しました。
この絵本の売上の一部は”地雷撤去団体”に寄付されます。
また、熊本のマラソンのために来日したクリス・ムーンさんに会われたときのもようも、HPに載せられています。 





Copyright (C) Masayo Fukui. All right reserved.